相続登記 自分で

自分で相続登記を行なうのは難しくない

登記というと自分で行なうのは難しいイメージがあり、司法書士などの専門家に依頼するケースも多いようですが、相続登記に関しては決して難しいものではありません。

 

ペンとノート

依頼をすると数万円〜数十万円の報酬が登録免許税とは別に必要となりますから、なるべく費用を抑えたいのであれば自分で手続きをしてみましょう。

 

最近はインターネットで相続登記に関しても豊富に情報が公開されているので、自分で登記を行なう人が増えています。

 

登記申請書の書き方自体は、法務省のホームページからダウンロードできる書式を参考にワープロで簡単に作成できます。

 

法務省の相続登記申請書式と解説ダウンロードページ

 

相続登記の申請では、登記申請書の作成と提出自体は難しくありませんが、戸惑う部分があるとすれば戸籍謄本を漏れなく集めることと、遺産分割協議書を間違いなく作成することです。

 

これらについては、各自の状況によって進め方や扱い方が違うために自分では無理だと感じる方もおられるようです。

 

いろいろなパターンの相続関係説明図と遺産分割協議書はこちら

 

 

しかし、そのような時でもあきらめないで下さい。

 

登記所(法務局)には、相談コーナーが設けられており、無料で書類作成や手続きの進め方についての相談ができます。

 

ただし、順番待ちになったり、所要時間が少ししかないこともありますので、お勧めするのは、ある程度自分で書類を準備していき、足りないところだけをチェックしてもらうという方法です。

 

この方法なら少々複雑な相続でも2,3度通えば申請まで可能になるはずです。

 

 

相続登記を自分で行なうための完全パッケージ こちらへ