数次相続 遺産分割協議書

数次相続の場合の遺産分割協議書

数次相続とは、一人の人の死亡によって相続が発生し、その遺産分割が終わる前に相続人の一人が死亡した場合のように、ひとつの相続が終わらないうちに二回以上の相続が重なって発生したような場合を言います。

 

例えば、亡くなった祖父の名義の土地がそのまま残っている状態で父も死亡した子供たちの場合は、祖父名義の土地を名義変更するのに、祖父を被相続人とする相続と父親を被相続人とする相続の両方を行わなければなりません。

 

家族集合

しかし、このような数次相続も祖父の相続人すべてと父親の相続人すべてで遺産分割協議を行ない、それを一つの遺産分割協議書によってまとめることで、手続き上もひとつにすることができます。

 

このような数次相続の遺産分割協議書の書き方ですが、まず祖父と父親をどちらも被相続人として記載します。

 

そして、父親に関しては祖父の相続人でもあるので、祖父の相続人兼被相続人という記載になります。

被相続人  山田 太郎 ←祖父

 

相続人   山田 一郎 ←父親
兼被相続人

 

その下には祖父及び父親の相続人すべての住所・氏名・生年月日等を記載していきますが、それぞれ祖父の相続人なのか、父親の相続人なのか、両方の相続人なのかを明記していきます。

上山田太郎相続人 山田二郎 ←父親の兄弟

 

上山田太郎相続人 山田仁志 ←本人
兼上山田一郎相続人

その他の分割内容に関する記載については、通常の遺産分割協議書と変わりはありません。

 

数次相続で多いのは、父親の相続が終わらないうちに母親も死亡してしまったというようなケースですが、同じような方法で対応することになります。

 

さらに以下のような数次相続においても同様です。
・被相続人の後妻と前妻の子が共同相続人になった後に後妻が死亡
・被相続人の妻と非嫡出子が共同相続人になった後に妻が死亡

 

このように数次相続では遺産分割協議書を作成することによって、土地家屋の相続登記手続きにおいて、中間省略登記が行なえます。つまり、途中経過の中間者への登記を省略してダイレクトに最終の所有権をもつ人に権利を移転できるというわけです。

 

この方法で手間も費用もずっと減らせますから、活用したい方法です。

 

数次相続の登記申請にも役立つ書式は以下のページより入手できます。

数次相続の遺産分割協議書と相続関係図の書式はこちら

数次相続の遺産分割協議書の書式と解説記事一覧

数次相続の遺産分割協議は、登記手続きの面で省略できるなどのメリットがあります。(遺産分割協議をせずに法定相続する場合は、省略不可)しかし、一方で状況によっては協議が決裂して調停や訴訟に発展するなどトラブルの原因となる可能性もあります。それは数次相続が、第一次、第二次、第三次と回を重ねるほどに相続権をもつ人の人数も増えていくことが多いためです。また回を増すごとに相続人の間のつながりや親密さの度合いも...