相続関係説明図 エクセル

相続関係説明図はエクセルで作成するのが便利

相続関係説明図には、被相続人の死亡日や最後の住所地と最後の本籍地などの情報を記載した上で、相続人たちとの関係を線で結んで示していきます。

 

このような図を作成することは、手書きでも可能ではありますが、エクセルを使うと便利できれいに仕上げることができます。

 

マイクロソフト社のエクセルは多くの人が使い慣れている表計算ソフトですが、罫線を引いたり、行を挿入したり、線の種類や文字の大きさを変えたり、といったことが簡単にできるため、相続関係を表わすような図にはぴったりなのです。

 

相続関係説明図では、相続人が何人もいたり、代襲相続や再婚が関係してる場合などは、どうしても作成する前に全体の大きさや配置バランスを予測することが難しいものです。

 

その結果、完成してみると配置が偏っていたり、一枚の用紙に入りきらなくなったりということが起きてしまいます。

 

エクセルであれば、後から図の配置を自由に移動することができますし、印刷の拡大や縮小も自在に行なえますから、1枚の用紙にぴったりと治めることができます。

 

相続関係説明図は、単に手続きのためだけに作成するものではなく、他の相続人に説明を行なったり、あるいは記録としてその後何年も保管をしておく貴重な資料であり、家系図としての役割もありますから、誰が見ても分かりやすく、きれいにまとめられたものに仕上げたいものです。

 

エクセルを活用するなら、そのような図に作成することができます。

 

パソコンにエクセルが入っていない場合は、「オープンオフィス」という無料のソフトをインストールすれば、エクセルファイルが使えます。

 

25パターンの相続関係説明図のエクセルファイルはこちら