不動産 相続

不動産の相続を成功させる3つのポイント

家

不動産の相続がなかなか進まない・・・

 

他の相続人に上手に切り出せない・・・

 

何をどうしてよいか分からない・・・

 

不動産の相続における分割や運用でそのような不安や悩みをかかえている方はとても多くおられます。

 

 

それも当然で、そもそも不動産というものは分けることに向いていませんし、資産としても扱いの難しいものだからです。

 

金銭でしたら、価値も分かりやすくて、利用手段が幅広いので分割や活用が比較的容易に行えます。

 

しかし、不動産の場合は価値が分かりにくい上に、利用の選択肢もとても限られたものになり、それだけ相続の話し合いも、その後の活用もとても難しいのです。

 

だからといって残された大切な財産を無駄にするようなことは避けたいと思っておられることでしょう。

 

 

ところで、様々な事例から不動産の相続で失敗につながった要因をまとめると大きく次の3つに分けられます。

 

1.相続人同士の話し合いがまとまらない

2.適切なアドバイザーを見つけられない

3.不動産運用に関する知識が足りない

 

このような要因がもとになって、不動産の相続が事実上凍結状態になったり、裁判沙汰になったり、相続できたものの後で後悔をしてしまうことがあります。

 

これらの失敗を避けるためには、不動産の相続において次の3つのポイントをおさえた上で進めていくことが必要です。

 

 

不動産の相場を知っておく

価値が分かりにくいということが原因となって分割の話し合いが進まなかったり、相続人同士が疑心暗鬼になることがよくあります。

 

また価値が分からないために、その後の運用についてもイメージが湧かずに十分活用できていない、という例も多いようです。

 

それで不動産の相続において成功への第一歩となるのは、まず市場価値を知るということです。尚、この場合の市場価値とは、役所で設定されている固定資産税評価額とは異なりますので注意が必要です。

 

査定は正式に不動産鑑定士などに頼むと数十万円の費用がかかりますが、今はインターネットを使えば無料で一括査定してくれるところもありますから、概算価値を知るために気軽に利用してみるのもひとつの方法です。

 

不動産の無料査定サイト
 ↓ ↓ ↓
不動産査定エージェントの無料査定

 

実績のあるアドバイザーを探す

 

特に自宅以外にも幾つかの土地建物が残されている場合は、信頼できる不動産業者や不動産運用に詳しいアドバイザーをぜひとも探しましょう。アドバイザーがいるだけで資産の価値は何倍にも膨らみ、老後を支える十分の不労収入が継続的に入ってくるようになることも珍しくありません。

 

アドバイザーを選ぶ際に大切になるのは実績です。

 

不動産の運用に関しては「考え方」によって結果が大きく異なり、知識よりも経験によって蓄積された知恵のほうが圧倒的に重要です。例えば、建物の売却を考える場合でも、適切なリフォームを行なう事で資産の価値は何倍にも高まります。

 

実績があり、信頼できそうなアドバイザーを見つけるためには情報収集が鍵となります。

 

今は地域の不動産業者でもホームページやブログ、メールマガジンやSNSなどで情報発信をしていますから、それらをチェックすることで実績や得意分野なども知ることができます。

 

また無料で案内資料を請求できるところもありますから、そうしたところを利用して比較検討材料を揃えておくのも良い方法だと思います。

 

 

不動産運用について最低限の知識を学ぶ

どんなに信頼できるアドバイザーが見つかっても、任せっきりでは十分に満足いく結果は得られないかもしれません。

 

やはり不動産相続の成功は、最終的に自分が資産に関して何を望み、自分や家族の将来についてどんな考えをもっているのかで決まります。

 

その将来の可能性に目を向けるためにも、最低限は不動産投資に関する知識を得ておくことが必要です。

 

最低限の知識があることで、アドバイザーの良し悪しも区別できるようになりますし、十分に納得のいく提案を引き出すこともできます。

 

変な建設会社の営業マンに騙されずに済み、自分で不動産投資家として不労収入を拡大する道を選ぶことさえできるかもしれません。

 

不動産投資に関しては、きちんした講座で学ぼうとするとやはり数十万円の費用がかかりますが、専門家を目指すのでなければ2〜3万円の教材で十分に学ぶことができます。

 

不動産の相続は、課題も多いので難しく考えてしまいがちですが、上手に機会を活かせば人生にとってプラスの転機になることも少なくないようです。

 

ぜひ3つの成功ポイントをおさえて、この機会を最大限に活かしていただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

不動産の相続を成功させる方法記事一覧

相続財産の中でも、土地の相続は取り分け扱いの難しい部類に入ります。なぜなら他の財産とは異なり、残高証明書などで確認することができず、その評価を相続人の側で行なう必要があるからです。また評価の額も高額になることが多いためです。土地の相続は相続税の課税対象になる場合はもちろんのこと、相続税が非課税の場合でも権利関係を調べたり、固定資産税の納税や所有権移転登記など法律・税務・会計に関する知識が必要とされ...

家を相続するためには、法律で定められた手続きにしたがって「登記」というものを行なわなければなりません。登記というのは、家に関する権利を国のデータベースに登録するようなもので、登記手続きを行ってはじめて家についての権利を主張できます。ですから、自分はこの家を相続したと口でいくら主張しても、登記をしなければその家を売却することもできませんし、その家を担保にしてリフォームローンなどを組むこともできないと...

不動産を含め遺産(相続財産)の相続は、法律に定められた方法で行なう必要があり、自分や家族がいくら主張しても法的な手続きに従っていなければ無効となります。不動産の相続手続きの流れは、遺言書の有無、、相続人各自の状況などによっても変わってきますが、基本的には以下のような順序で進める必要があります。1.相続人の確定相続財産の取得については、相続人全員に権利が生じますから、まずは相続人を全て確定する必要が...

相続する不動産の売却は、相続ではないときの不動産の売買取引と比較しても特殊な要因がいろいろとあるので注意が必要です。売却に関して行っておいたほうがよいポイントを5つに分けて解説してみたいと思います。1.相場を知っておく売却する不動産の相場については、不動産業者に依頼する前に自分でもある程度把握しておくことをおすすめします。というのも、不動産業者の中には高く売れるよりも早く売れたほうがよいという考え...

相続における不動産の評価に関して、まず知っておきたいのは評価方法が幾通りもあるということです。しかも、どの評価方法で評価を行なうかによってその価額は大きく異なります。相続した不動産に関して用いられる主な評価方法としては以下のようなものがあります。1.市場価格(実勢価格)2.公示価格(標準価格)3.相続税評価額4.固定資産税評価額それぞれについての詳細な説明は省略しますが、不動産の価値を正確に評価す...